プレアデス星人の転生

トップページ > プレアデス星人の転生

平和の星からの転生

プレアデス星人は、転生によって地球に来ているとされています。
転生とは、仏教などの東洋の思想に基づく用語で、一度死んであの世に還った魂がこの世に何度も植物や動物又は人間として生まれ変わることを意味していますので、プレアデス星に残っている者は地球にメッセージを送り、転生した者は人間として生活していると考えられています。
プレアデス星人の故郷は、元々は地球人の祖先が住んでいたと言われている星です。
科学技術が非常に発達し気候や生活環境が快適であることに加え、霊的均衡を保つことで健康を維持しているため、病気にも惑わされないとされています。
また、プレアデス星人は、地球に適応すべくプレアデス星人と地球種族の遺伝子を組み合わせたとも言われ、その住民はストレスが全く無く健康で長寿だとされます。
そんな環境で生活するプレアデス星は精神も非常に発達しているため、戦争や犯罪などは皆無とされていて、全ての生命体を尊敬している種族だとされています。
プレアデス星人は、平和の星であるプレアデス星団から何度も転生を繰り返しながらやって来て、争うことの醜さや平和の尊さを伝えるミッションを達成すべく努力していると考えられています。

何千年前から続いていた

一説によると、人類は宇宙種族が遺伝子を提供したことで誕生したのではないかとも言われています。
プレアデス星人も同様で、地球種族との遺伝子を組み合わせることで誕生したヒューマノイドとも言われていて、宇宙にはプレアデス星人の他にリラ星人、オリオン星人など多彩な種族が数多くいますので、地球人が目の色や髪の色、体形などの外見にそれぞれ違いがあるのはそういった理由からなのではないかと考えられています。
その中でも、プレアデス星人は転生によって地球人に生まれ変わり、その転生は数千年も前から行われていて、多くの文明に関わりと持っていたとされています。
古代エジプトの他日本では縄文時代までも遡り、鳥の頭を持った壁画や縄文時代の土偶などは宇宙人なのではないかという説もあることに加え、日本にある神社の多くは和名で「すばる」と呼ばれているプレアデス星団と深く関わりがあるとも言われています。
プレアデス星人は、転生する際に故郷の記憶を無くしてくるとされていますが、それは使命を達成するためには必要なことだったのかもしれません。

美しく端正な顔立ちが特徴

プレアデス星人は、転生によって生まれ変わって人間に紛れ込んでいるとされていますので、見た目は人間と変わりないことは言うまでもありません。
その外見は、ほっそりしていて背が高く、顔立ちが整っていると言われていて、宇宙や自然などのスピリチュアルなことに長けていたり、外見も性格も非常に魅力的な部分を多く持ち合わせていますので、カリスマ性を持ち目立つ存在だとされています。
また、プレアデス星人は、高度な文明を持っている種族のため争いが得意ではありませんので、地球を一つにするための原型としてアジア人を作ったとされています。
つまり、人類の起源はアジア人ということになり、地球に存在する彼らの顔立ちは、どことなくアジア人に似ているとされていることからも頷けるける説と言えそうです。
また、彼らはかなり前から地球人とコンタクトを取っているとされ、地球の危機を救いアセンションさせるために人類に警告していると言われています。
転生によってはるばる遠い星からやって来た彼らは、太古の昔から地球の平和のために様々なメッセージを残し、現在でもその使命に力を注いでいるのでしょう。