プレアデス星人は一人を好む

トップページ > プレアデス星人の孤独 > プレアデス星人は一人を好む

孤独でもポジティプ思考

プレアデス星人は、感情表現が苦手なうえに純粋な心の持ち主であることから、幼少期からいじめにあったり仲間はずれにされたりと理不尽な経験をしている場合が多くなります。
また、家族にさえも理解してもらえないことも少なくなく、早くから自分の居場所を探していると言われています。
また、常に孤独感にさいなまれ寂しさを味わってきているとされているため、人間だけでなく動物や自然が好きで大切にすると言われています。
故郷の星では、全てのものは平等で無限の愛こそが価値があると考えられていましたので、どこかにその記憶が残っていることで人間関係が上手くいかなくても明るく強く生きていけるのかもしれません。

一人の時間を楽しむ

孤独であることが多いプレアデス星人は、そんな状況でもネガティブな感情を持たない性格だとされています。
深い愛情を感じ信頼できる相手とだけ付き合うと言われていますので、友人は少ないもののその関係は非常に愛に満ちています。
また、自然と宇宙の繋がりを理解しているため一人の時間を楽しむ術も持ち合わせていると言われています。
芸術性の高いものに触れたり自分の感性を磨くなど魂を高める活動に時間を使うことも多いと言われています。
孤独感を抱えながらどんな時でも一人の時間を楽しめることは、精神的に安定しているからと言えそうです。