プレアデス星人の幼少期

トップページ > プレアデス星人の孤独 > プレアデス星人の幼少期

幼いころから理解されない寂しさが芽生える

プレアデス星人は、幼いころから孤独であるとされています。
その理由は、外見が美形であることに加えプレアデス星人自身が自分が浮いている存在と感じているからとされています。
そのため、幼いころから友だちも少ないと言われています。
また、孤独感を抱えながらも意識していなくてもその美しさから目立ってしまい、いじめにあうことも少なくないとされています。
また、幼少期から支配的で束縛される環境で育つことが多いため、早い時期から家を出たいと思っていると言われています。

暮らしにフィット感が無いと感じている

プレアデス星人は、今の自分の暮らしにフィット感を感じることができないと言われています。
何故なら、地球はプレアデス星人本来の居場所ではないからです。
どこか地球に違和感を感じていて、なぜいじめられるのか、なぜ寂しいのか理解できず苦しみます。
純粋さがゆえ人と馴染めず、いじめなどの悲しい経験をするのか理解できないことでいつも自分の居場所を探しています。幼少の頃から孤独で、前世の記憶は失ってはいるものの、平和だった故郷が懐かしくなるのでしょう。