プレアデス星人の孤独

トップページ > プレアデス星人の孤独

ここは自分の居場所ではないと感じる

プレアデス星人の祖先は、地球人と同じであると言われていますが、地球での生活で非常に孤独を感じています。
文明が発達し人々が平和に暮らしている星から来ていますので、争いや犯罪などが常に起こっている地球に違和感があり、無意識に故郷が懐かしいと感じています。
生まれ変わった時に故郷の記憶は無くしていますが、心のどこかに平和で穏やかだった故郷の星が忘れられないでいるのかもしれません。
また、プレアデス星人の魂は愛と平和に満ちているため、病気という概念が無いと言われていて、それは高度な科学技術やプレアデス星人が持っている超越した精神によって調整されるからと言われています。
純粋であることによって、人間への不信感や違和感に絶えず苦しみ孤独感を募らせている面もあると言えそうです。
精神が高度に発達している人々が住む星から来たプレアデス星人は、知能も発達していたと予想されます。
そのため、地球人との社会的交流が難しくなり孤独を愛するようになるもかもしれません。ここは自分の居場所ではないという感情と違和感を抱えながら、身体の不調や孤独を感じて生活しているのではないでしょうか。

精神的に疲れやすい

プレアデス星人の祖先は地球人と同じと言われていますので、外見はほとんど人間と差が無いことが多とされています。
しかし、端正な顔立ちで美形が多く、色白で美しい長い髪の西洋風の顔立ちが特徴で、地球人に紛れていても注目されてしまい人混みでも目立つ存在です。
常に注目されることは、それが度を超すと精神的に辛いことですので、できるだけ目立たないように生活しています。
また、共感能力に長けていることもあり人間の全ての感情の影響を受けやすくなり、体調不良も重なりより孤独になっていくとも考えられます。
強い使命感を持っており、人間のアセンションのために転生したことを自分で理解していますので、孤独感にさいなまれながらも純粋さを忘れず人間に対してポジティブな思考を持っています。
その純粋さ無条件・無制限の愛が人間には理解されにくく、時に人を遠ざけてしまうことになるのかもしれません。
エンパシー能力が優れていることで、人間の負の感情を吸収してしまい、孤独になることはプレアデス星人にとっては生きにくさに繋がってしまうことなのかもしれません。

自由で気ままが好き

プレアデス星人は精神世界の魂を持っていて、戦争などの争いが皆無である星から来ていますので子供のような純粋無垢な心の持ち主が多いとされています。
恐れを知らず遊び心を持っているのが特徴で、陽気で楽しいことを好むと言われています。
また、プレアデス星人はネガティブな思考を持ち合わせていませんので、恨みや憎しみなどの負の感情を持たないと言われていることから無邪気で気ままであり、故郷の星は争いがない平和な星であった記憶がどこかに残っているため、行動が自然体で自由な生活を送っていると言われます。
しかし、そういった特徴が周りから見れば我がままともとられ、孤独になってしまうのかもしれません。
恋愛に関しても重婚が当たり前であった前世があるため、自由で官能的だとされています。
ただ、地球上で恋愛をすることで魂の成長を学んでいるとされていますので、恋愛においても孤独感を感じているため、同じプレアデス星人である人と恋に落ちることも少なくないようです。
恋愛に関しても一切負の感情を持たないとされていますので、孤独を感じながらも多くの恋愛を重ねることができるのも彼らの特徴と言えそうです。